グルグル周るロータリー

日本ではまだまだ馴染みのない、ロータリーの交差点。ドイツではKreisverkehr(クライスフェアケア)といい、かなりの頻度で遭遇します。
殆どの場合信号機がなく、知識が無いとどのタイミングで進入すればよいか分かりません。
今回は、ドイツを始めヨーロッパ諸国で多く見られるこのロータリーを解説します。


目次

  • 1. 基本ルール
  • 2. 関連する標識
  • 3. 実際に見てみよう

 

1. 基本ルール

 

ロータリーの交差点には必ず左の青の円い標識がでています。そして、殆どの場合右の三角の”徐行/非優先”の標識が出ています。

ロータリーの基本の基本
◆ロータリー内を走行中の車両(自動車、バイク、自転車)が優先
反時計回りに走行
◆ロータリーに進入する際にウィンカーは不要
◆ロータリーを出る際には右ウィンカーを点灯させる

以前ご紹介した「Rechts vor Links (右優先)ルール」では右側を気にかけなければなりませんでしたが、ロータリーではその逆ですので、注意してくださいね。

ちなみに一度だけ、イギリスナンバーの車がロータリーを逆走しているのを見たことがあります。恐ろしいったらなかったです。。

実際のロータリーはこんな具合。
img_5910

この場合はロータリー内には何も走行していないので、両方の車が同時にロータリーに入ることになります。

2. 関連する標識

2-1. 【左(青)】歩行者用横断歩道

大抵のロータリーには歩行者用横断歩道があります。歩行者が待っている場合にはまず、ロータリー進入時、退出時両方とも歩行者を先に通す必要があります。。

2-2. 【右(赤)】進入禁止

この標識のあるロータリー出口からは当然のことながら出られませんが、自転車のマークがさらに下についている場合は、自転車はロータリーから出ることができます。
実際の標識はこんな具合。
img_5915

3. 実際に見てみよう

img_5934

少し写真が分かりづらいかもしれませんが、3つの点について見ていきましょう。

①今まさに車がロータリーに進入しますが、ウィンカーはついていませんね。
②進入禁止の標識があるにもかかわらず、自転車は進入できるので右折しようとしています。
③自動車と自転車がロータリーから出ようとしていますが、歩行者用横断歩道を利用している人がいるために、待っています。


いかがでしたか?
一度慣れるとなかなか楽しいロータリー。
ロータリーを出そびれても、正しい道を見つけられるまでグルグル回り続けてOKです。
それでは、Gute Fahrt!

こちらも併せて是非どうぞ!
知らないと危険、「右側優先!」
ドイツの道路の隠れた制限速度を知っておこう!

グルグル周るロータリー” への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中